包茎リーマンブログ 1日目

Uncategorized
  • 包茎手術 初日

はじめまして、私は仮性包茎のサラリーマンです。このブログでは、私が仮性包茎として生活していく中での悩みや経験、そして解決策(手術後)についてお話ししていきたいと思います。

筆者は6月11日包茎施術をしました。手術理由は息子の皮部分に亀頭包皮炎が2回も成ってしまったことです。1回目の時に想像を絶する痛みに襲われ、高熱、股関節のリンパの痛み、息子の痛みと悶絶した過去があります。2回目の時全く同じ場所に亀頭包皮炎を発症しましたが、その時は高熱やリンパまで痛みはなく、何とか息子だけのダメージで収まりました。次また同じとこに出来たら不安だなぁと思い生活してるなかで、筆者は医者が言った言葉を思い出しました。「この亀頭包皮炎が再発するようなら包茎手術をお勧めしますよ」。あの医者の言葉が強く胸に刺さり、私は悩みに悩んだ結果、意を決して手術を選びました。「仮性包茎がコンプレックスだったのは言うまでもありませんが…」。

6月11日運命の手術日です。本来なら手術当日に更新をしたかったのですが、不馴れで時間が掛かりました。本来なら写真を投稿したいのですが、、ワイセツ罪になりそうなので控えときます。(絵とかでもワイセツ罪になるのかな?)

 

術後、亀頭がパンパンになりました。ヒアルロン酸を2cc注射しているせいでパンパンになってるのか、単純に術後の腫れなのか、分かりません😅

術後竿の部分に包帯がきつく巻かれておりその上からガーゼを巻かれています。きつく包帯が巻かれているため、亀頭がパンパンに腫れてるような形です。例えるなら常にミルキングマッサージされてる感じです。まぁこの包帯のせいで鬼頭の先端に水ぶくれみたいなやつや、内出血みたいなことにもなるらしいです。ちなみに筆者は今のところ大丈夫そうです。また、2、3日後にブログを更新していきます。経過観察していきますので、包茎治療に興味がある方はご参照ください。

仮性包茎のサラリーマンとして、私は自分の身体の特徴を受け入れ、自信を持って日々を過ごします。包茎は多くの男性が抱える問題であり、それぞれが自分に合った解決策を見つけることができてると信じてます。このブログを通じて、同じような悩みを持つ方や、包茎手術を迷ってる方、そんな方に私の息子の経過観察とともに皆さんで共有出来たら良いなと思います。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました